金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

娯楽系銘柄の投資について

娯楽といえば、パチンコ、パチスロ関連の銘柄に、フィールズ、平和、ゲンダイエーシェンシー、ゲームカードジェスコの4銘柄が気になる銘柄です。まず、フィールズですが、エヴアシリーズで有名な会社です。ここは、これまで数年株価を見てきましたが大きく崩れることはありませんし、絶えず黒字をたたき出し、配当も5000円をキープしています。現在株価は、15万円で少し高い感じはありますが、一株あたりの利益を見るともっと株価上昇してもおかしくない銘柄だと思います。成長性と財務健全性はぴか一の銘柄と考えています。

次に平和ですが、数年前10万で配当も5000円をキープしていたためお世話になっていた株なのですが今や22万円となり、配当も8000円になりました。よって、すでに動いてしまった銘柄で一旦売却しましたが、常に右肩上がりの株価とパチスロのオリンピアやゴルフ大手PGMを傘下とするなど、高業績、配当の銘柄でさらなる飛躍も望めることから監視対象としている銘柄です。

さらに、小額投資で、期待しているのがパチンコ、パチスロの広告会社であるゲンダイエージェンシーですが、一時業績が悪化し5500配当が減配となった銘柄ですが、回復が見込める銘柄ですので、回復とともに、株価回復と配当回復のダブルを見込める株です。現在、7万円で配当は3000円と回復傾向にあり、近い将来、株価10万で配当5000円は読める株だと思っています。

最後に、ゲームカード・ジョイコホールディングスですが、現在、15万程度であり、業績回復に手間を取っている感は否めませんが、6000円の配当と2500円の優待は厳しくても継続している銘柄です。BPSを見ると29万と底値の状況にあり、会社が没するとは考えにくく、いずれ復活してくる銘柄と考えると今は底値に近いのではないでしょうか。少しリスクはありますが、中長期的投資には向いている銘柄だと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ