金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションの確定申告の流れ

バイナリーオプションで稼げば、その所得に応じて税金を納めなければなりません。1年間の所得が確定してから税金の手続きをすれば良いと考えるのはあまり良いことではありません。というのも、税金対策をすることによって納める税金を安くできますが、それは利益が確定する前に行わなければならないからです。

たとえば経費があります。課税される金額は所得に対してそのままかかるのではなく、経費を差し引くことができます。たとえば、利益が100万円発生し、経費が60万円かかれば、差し引き40万円に対して税金がかかります。税率は基本的に20%ですから、40万円の所得であれば8万円の税金を支払えば良いことになります。もしも経費がなかった場合、100万円の20%、つまり20万円の税金を支払わなければならないのです。

これを考えれば、経費が大きければ大きい方が良いと考えるのは自然なことでしょう。経費として何が認められるのかを把握しておくことは必要なことの一つです。たとえば、売買手数料を支払ったのであれば、これは経費として認められます。振込手数料なども経費として認められます。セミナーに参加した場合の費用についても経費扱いとなります。 バイナリーオプションで稼ぐことに全く関係のないものを経費として計上することはできませんが、関係のあるものならたいていは経費として計上できます。たとえば、バイナリーオプションを取引するためにはパソコンとインターネット回線が必要になります。パソコンの代金やインターネット回線を確保するための通信費用も経費として認められます。また、経済関連の新聞を取っている場合にはその新聞代も経費として落とすことができますし、スマホやタブレットを持っていれば、それらも経費として認められるケースが多いです。

最終的にそれが経費として認められるのかどうかと言うのは税務署の判断によります。たとえばスマホにゲームしかインストールしていなければ、バイナリーオプションの取引のために用いているとは言いがたいでしょうから経費として認められないことが多いです。最低でも取引するためのアプリや経済ニュースを見るためのアプリなどはインストールしておくべきでしょう。また、経費として発生したことを証明するための書類も必要となります。たとえば領収書があれば証明できますから、経費として認められるかも知れないと思ったのなら領収書は保管しておきましょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ