金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションは確定申告するべき

バイナリーオプションの取引を行っている人の中には確定申告をしない人もいるようですが、した方が良いケースもあります。するべきなのかしない方が良いのかは、それぞれのケースで異なります。まず、それを把握しておくことが必要です。法的には、20万円を超える所得が発生した場合に確定申告が必要となります。収益ではなくて利益に対してかかります。つまり、稼いだ金額からかかった経費を差し引いた金額が20万円を超えなければ良いのです。

20万円を超える所得が発生した場合には確定申告をしなければならないと法律で定められていますから、もしも各停進行をしなかった場合には脱税となります。脱税にならないように注意が必要です。利益が発生していて20万円以下の利益しかない場合には確定申告をするメリットはありません。というよりも、何もしなければ税金を納めなくて良いのです。わざわざ確定申告をすれば税金を納めなければならなくなりますから、何もしない方が良いのです。 バイナリーオプションで稼げずに損失を発生させた人の場合、税金を支払う必要はありませんが、確定申告をする必要もないと言えるでしょう。しかしながら、確定申告した方が良い場合もあります。

まず、先物取引やFX、CFDなどの取引をしている人の場合には申告をするべきでしょう。FXで100万円稼ぎ、そしてバイナリーオプションで60万円の損失を発生させた場合、何もしなければFXの100万円に対して課税されますから、税率が20%として20万円の税金を幼ければなりません。しかし、確定申告をすれば損益通算ができますから、差し引き40万円に対して課税されます。40万円の20%ですから、8万円の税金を納めれば良いのです。確定申告することによって、20万円の税金が8万円にまで安くなりますから、12万円儲けたようなものだとも考えられます。

損失繰り越しを利用できるという点にも注意が必要です。赤字を次年度に繰り越すことができますから、やはり確定申告をした方が良いのです。たとえばバイナリーオプションで60万円の損失を発生させた場合を考えて見ましょう。この場合、申告をせずに翌年もトレーディングを行い、翌年は100万円の利益を得たとします。この場合20万円の納税が必要となります。しかし、確定申告をしておけば損益通算ができますから、損失を控除して、40万円に対して課税されますから、やはり12万円分安くなります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ