金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

2WAYプライスとスプレッドについて

FXでは投資家が外貨を買う時の価格をASK(アスク)と呼び、売る時の価格をBID(ビッド)と呼びます。そしてこの二つの価格は2WAYプライスで同時に表示されます。2WAYプライスの表示を日本円と米ドルの取り引きの場合で説明しますと、「米ドル/円 100.00(BID) 100.05(ASK)」となります。1ドルを売るなら100円00銭、1ドルを買うなら100円05銭ということです。2WAYプライスではBID、ASKの一方だけが動くことはなく、常に連動して動きます。

普段ニュースなどで「今日の円相場は1ドル=100円00銭から05銭で取引されています」と聞くことがあると思いますが、1ドルを買うASKなら100円05銭、売るBIDなら100円00銭を意味しています。ASKとBIDの差額に05銭の差額がありますが、この差額はスプレッドと呼ばれ取引の手数料になります。スプレッドの幅はFX会社ごとに若干違いますから、取引の前に確認すべきでしょう。

スプレッドについてもう少し説明しますと、ASKから入ると1ドル100円05銭です。レートに変更ないまますぐ売却するとBIDは100円00銭となり、05銭の損失が発生します。投資家が利益を得るためには最低でも100円05銭の円安になった時に売る必要があります。スプレッドは取引通貨によっても異なります。米ドルやユーロのスプレッドは狭く、豪ドルやニュージーランドドルはスプレッドを広く取る傾向があります。FXで利益を上げるならばスプレッドに注意したいところです。FX取扱い会社によっては、スプレッドの他に売買手数料がかかる場合があります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ