金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

ハイロー取引のバイナリーオプション

バイナリーオプションというと、ハイローが最も有名です。これは、一定時間後にレートが上昇するかどうかを予測する方法を指します。二択での取引ですから当たりやすいのですが、その分だけペイアウト率は低めに設定されています。

予測が当たりやすいというメリットはありますが、大きく稼ぐためには取引回数を増やさなければなりませんから、どちらかというとちょくちょく稼ぐのに適していると考えられます。取引ルールが単純ですから、まずハイローからバイナリーオプションの世界に入る人は多いです。 ワンタッチは、レートを超えるのかどうかを判定するものですが、一定時間後にレートのレートを予測するのではなくて、一度でもそのレートに達するかどうかを判定します。

たとえば、現在のレートが120円50銭であったとしましょう。設定されたレートが121円であった場合、一度でも121円を超えれば条件が成立したこととなります。一度だけ121円を超えて、そしてその後にレートが下落して120円台に戻ったとしても、条件が成立したことになります。ですから、「一度でもレートを超える」か、「一度もレートを超えない」かのどちらかにかけるバイナリーオプションです。設定されたレートがどれくらいなのかと、変動がどれくらいなのかを把握しておくことが必要となります。

相場の変動が大きければ設定されたレートを超える可能性が高くなります。 レンジは、一定の範囲に収まるのか収まらないのかが条件となります。上限と下限が決められていて、その範囲に収まるのか、それとも収まらないのかを判断します。基準として設定されているレンジが一定の範囲に収まるのかどうかということですから、ハイローが上下に配置されたものと考えることもできます。収まるのかどうかを判定するときには、変動がどれくらい大きいのかを考えなければなりません。

大きく変動している相場ならレンジを抜ける可能性があるでしょう。変動が小さいときにはレンジを抜ける可能性は低くなります。経済指標が発表される場合などには変動が大きくなることが多いですから、この場合にはレンジを抜ける方にかける方が良い場合もあります。特に指標の発表がない場合には変動が小さくなることもあります。流動性が低いときには少しの変動で大きくなることもありますから注意が必要です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ