金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXとバイナリーオプションの相違点について

近年では長期国債や定期預金などの異様なほどの低金利が長く続いていることも大きく影響し、様々な資産運用方法・投資方法が注目を集めています。 インターネット環境とパソコンさえあれば時間や場所を選ばずに取引ができる投資方法も数多くあり、自分のライフスタイルに応じて最も適した投資手段を選択しやすくなっていると考えられるのです。

インターネットを利用して24時間取引ができる資産運用方法の代表的なものとしては、外国通貨取引が挙げられますが、外国通貨取引を行って利益を出す手段にはFXという手段とバイナリーオプションという手段があります。 どちらも為替の変動を利用して利益を出す仕組みとなっており、似たもののように考えられますが、実際のところFXとバイナリーオプションにはどのような相違点があるのでしょうか。

利益・損益という観点で見てみますと、FXが為替の変動幅がそのまま自分の利益に大きく関係してくるのに対し、バイナリーオプションとはほぼ一定であるという特徴があります。 FXで利益を出す場合の基本は、ある通貨の値段が安い時に購入し、価格が変動して高くなった際に売却して利益を出すのが基本となります。

通過を買った時と売った時の値段差が自分の利益となるため、差が大きければ大きいほど利益を出すことができますし、その逆も考えられるのです。 タイミングよく取引ができれば大きな利益を出すことができる一方で大きく損をしてしまう可能性もあるので、ハイリスク・ハイリターンであると言えるでしょう。

一方バイナリーオプションの場合は、トランプの「ハイ・アンド・ロー」というゲームのように単純に通貨の価格を予測してお金を投資する投資方法となっているので通貨の反動幅は関係がないのです。 投資する金額は自分で設定できますし、利益も損失もほぼ一定で安定しているというのが大きな特徴と考えられるのです。

また、FXがレバレッジがあるのに対してバイナリーオプションにはレバレッジはありません。 レバレッジとは他人の資本を使って自分の利益率をあげることをいい、上手にレバレッジをつかうことでより効果的に利益をあげることができます。 しかし他人の資本をつかうのでその分リスクが増すのは言うまでもありません。レバレッジが使えるかどうかという点で見てみても、一方がハイリスク・ハイリターンでありもう一方が安定性が高いということを読み取ることができるのです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ