金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションってどういうものなの?

バイナリーオプションは為替金融商品の一種として近年になって登場したものです。 為替金融商品と言うのは為替、つまり現金以外の方法で金銭を決済することによって利益を生み出す金融商品の一種なのですが、分かりやすく説明すると「お金を払うという約束をして取引をする」というような形になります。 この為替金融商品の代表的な物にはFXがありますが、バイナリーオプションはこのFXと仕組み上は似ています。

FXは取引をする人がそれぞれの通貨、例えばドルやユーロといったような外国のお金を安く購入し、高く売ることで利益を出します。 つまり変動相場制を採用している外貨の相場が変動することを利用して、お金を手に入れるのです。 そしてバイナリーオプションはこの外貨相場の変動を利用した、一種の投資のような物です。

一般的には「ハイ・ロー」と呼ばれる形で取引がされるのですが、これは取引をする人が、対象となった外貨の一定時間後の相場の変化を予測して投資を行うことになります。 例えば1分後のドル相場が今よりも高くなるか、低くなるかというようなことです。 これでもし1分後のドル相場が上がったのであれば、ハイにかけた人は規定額の利益を受け取り、ローにかけた人は自身が支払ったお金を没収されるのです。 このバイナリーオプションの仕組みにおいてFXと大きく異なるのは、「取引完了の時間が自分では決められない」ことと「損益金額が値幅によって変動しない」ということです。

通常のFXであればいつどの通貨を購入するか、売却するかということはそれぞれの取引者にゆだねられていますし、損益金額についても取引者の自己責任となります。 上手く行えば多額の利益を手にすることができますが、同時に失敗すれば多額の損失を被ることもあるのです。 この点において、バイナリーオプションはタイミングを自分で決められない代わりに、規定された時の相場の変化を当てた時に一定の報酬を得られるというような形で運営されています。

そのため「単純な取引」というように考えられることも少なくはないのですが、問題となるのは決済がすぐに完了するということです。 1分で結果が出るという場合、1時間では60回ほど挑戦できることになります。 これだと「次は負けない」というような心理によってどんどん参加してしまい、それによって大きな損失を被るリスクがあるのです。 特に最近ではこの業界に置いて悪質業者が少なからずみられるようになってきています。 行うことはまだ違法ではありませんが、その結果に関しては自己責任となる部分も大きいということは理解が必要です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ