金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションで使う通貨の豆知識

外国為替市場で取引が行われている一般的な主要通貨は、USドル、ユーロ、日本円、英国ポンド、スイスフランです。 これ以外の通貨として、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、中国元などが取引されています。 ただ、基軸通貨としては、誰が何と言おうとUSドルです。 貿易の決済にはほぼアメリカドルが使用されています。

バイナリーオプションでも米ドルが値動きは英ポンドよりずっと少ないですが、初心者には1番安全な通貨と言えるでしょう。 ところで通貨にはそれぞれ愛称があります。 為替レートは二国間の交換レートなので二国の通貨ペアが呼び名となります。 でも「米ドル・円」「英ポンド・円」では長いので、共有認識として愛称が使われています。

USD (米ドル) ドル AUD (豪ドル) オージー NZD (ニュージーランドドル) キウイ CAD (カナダドル) キャン、(ルーニー) NOK (ノルウェークローネ)  ノック SEK (スェーデンクローネ)  セック ZAR (南アフリカランド)  ザール TRY (トルコリラ)  ターキー ちなみにクロス円レートは上記呼び方に「エン」をつけます。米ドル・円 ドルエン オーストラリアドル・円 オージーエン 英ポンド・円 ポンエン マイナー通貨とはドルや円やユーロのような国力のあるメジャーな通貨とは違い、国力のない国の通貨のことを指します。

またバイナリーオプションではあえてマイナー通貨を取引するということもあります。 実はマイナー通貨での取引にはメリットがあるのです。 まず金利が非常に高い。 メジャーな通貨の場合は金利が低いですのでスワップ金利によって稼ぐことは難しくなります。 しかし高金利のマイナー通貨の場合スワップ金利を稼ぐことが出来るのでただポジションを保有しているだけで稼げます。 また値動きが激しいので少額でも大きな利益を得るチャンスがあります。 でも値動きが激しいことので一夜にして大きな損を出してしまうというデメリットもあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ