金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

投資は経済と市場を活性化させる働きがありますが、元金までは保証されません。

投資は、俗に金融商品と呼ばれあらゆる商品群があります。株式、不動産、外国為替証拠金(FX取引等)など資金が化ける手法として投資と考えれば理解しやすいです。結局は、元金より利ザヤを稼ごうとするために提供される商品群ですが、利益が獲得できなければ元金が目減りして、結局は投資資金が損してしまうことになります。需要と供給のバランスで経済が成立するという考え方は基本で、あまりにも古典的すぎると、金融工学の視点からいえばそう言える分野でもあります。

リーマンショックは現代の金融工学とバランスを欠いた金融市場の破綻なので、資本はいくら集めても、ヘッジファンドなどの資本が世界マネーを動かしている現状を露呈させました。マネーゲームで資金を稼ごうという釣り書きに、乗ってしかも落ちて、影響を与えた経済事件です。もっと前には、ブラックマンデーと呼ばれ、ウオール街が真っ青になった時期もあります。すべて金融資本のなかで投資して損をした歴史が如実として物語ります。

株式投資には、上場、店頭株式、ナスダックなどの市場があり、以前は東京証券取引所が首都であるため経済の中枢を担っていましたが、近年大阪証券取引所と合併しています。経済事情と共に金市場も変化せざるを得ないわけで、合併劇は互いに脆弱化しているところを補完し合い、グローバル経済に立ち向かうという考え方に去来していると考えることもできます。不動産投資は、昔の地上げ屋まがいなぼろ儲けした時代ではなく、「リート」という投資商品市場で指標と数値で利幅を狙います。

外国為替証拠金は、為替レートの差異を利用して利ザヤを稼ごうとする商品です。グローバル経済は、各国の通貨基準で紙幣やコインが経済取引されますから、各国間の為替取引とレートの変動は、ニクソンショック以来変動相場制になりましたので、互いに連携はできず連動し合う状況になりました。為替レートを基軸とした投資は、それぞれの国の情勢によって左右されますから、先読みは難しい投資活動になりリスクもあり、元金は保証されません。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ