金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

金利上昇局面におけるハイイールド債券の投資環境

日本国債の金利低下が続いている中、運用をやめたいと考えるものの、株式やFXはリスクが大きいと躊躇するような場合には「海外債券投資」を考えるのも一つの方法だと思われます。 債券は、国や企業が「利率と満期日」を定めて発行する借用証書のようなもので、元金の支払いが約束されています。 そして、発行体の元本・利子の支払いの信用力に応じて、格付け機関が格付けを付与しています。

国債や政府機関債をソブリン債といい、それ以外の社債(事業債)のうちAAAからBBBまでの債券を「投資適格債」、BB以下のものを「ハイイールド債」と分類しています(S&P社の場合)。 いま、米国の景気回復と、来年行われると予測される金利引き上げのなかで、米国ハイイールド債券に注目が集まっています。 理由は、上記3種類の債券の投資効果の違いです。 つまり、景気回復→拡大→後退という景気循環の波の中で、これら3つの債券価格は異なる動きをするのです。 一般に、金利が上昇すると、既に発行されている債券の価格は下落しますので、債券投資からの流出が進むと考えられがちです。

しかし、過去において米国10年国債が1%以上上昇した局面での、米国主要債券の騰落率を見ると、米国ハイイールド債のトータルリターンはプラスとなっています。 その理由は、米国経済の好調が続くと予測されることや、発行体の財務状況の健全化を背景に、デフォルト率が低位で推移すると見込まれるようになったからです。 すなわち、ハイイールド債の信用リスクへの不安が小さくなる中で、相対的に高い米国ハイイールド債の利息収入に投資家の目が移り、買いが入りやすくなったと思われます。 このように、金利上昇による債券へのマイナス影響は、米国ハイイールド債に関しては限定的であると考えられています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ