金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

オーストラリア債券投資

債券投資は、「信用力」「金利」「為替」の3つが重要な要素になりますが、海外債券投資を行うにあたって、ハイグレードの公社債等に投資しているファンドは、どのような点に留意すればいいでしょう。投資対象としている公社債等の格付けがAA格相当以上の国債、州債等で、主にオーストラリアドル建ての投資信託であるような場合です。 まず、「満期の時に元本が返ってくるか?」という「信用力」の面で投資対象国を選別する際には、発行体である国家の信用リスク(ソブリンリスク)を考慮する必要があります。

この点については、現在オーストラリアの国債格付けはAAA、ニュージーランドはAA+とされています。 債券投資では「金利」がパフォーマンスに影響を与えます。 残存5年程度の国債利回りは、オーストラリア2.96%、ニュージーランド4.0%ですから、日本の0.16%と比較すると相対的に高い水準にあります。 金利上昇による債券価額の減少懸念については、これまでの利下げ等の金融政策の効果をみるため、政策金利は現在の2.5%に据え置きされる見通しです。 「為替」に影響する経済の将来性についても期待されます。

オーストラリアの輸出品第1位は鉄鉱石ですが、輸出相手国1位である中国への輸出が近年減っていました。 しかし、オーストラリアの鉄鉱石の品質の良さから、今後は貿易黒字が期待されるようです。 世界の実質GDP成長見通しによると、世界経済は緩やかな成長が維持されると見込まれており、さらに、世界人口が現在の72億人から96億人に増加するだろうといわれているので、資源の需要も増えることになります。輸出額増加によりオーストラリアドルが買われることにより、オーストラリアドル高が期待されるということになります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ