金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

投資信託はほどほどに

私は今でも信託銀行を通じて投資信託をやっている。私が投資信託をやったのは、定期預金も限度額になったし、金利もひくいので勧められてやったのである。今から数年前のことなので、支店が住んでいる所から撤収した信託銀行の口座を解約したところ全体的にはかなり利金があった。その当時やっていたのは組み合わせ信託と言って国内債権、国内株、外国債権、外国株というものが多かったように思う。これは損失の危機を防ぐというもので、それ程もうからないが安心感はあるものだ。しかし今はあまりそのようなものはないようだ。

今私はトルコを投資対象としたものをもっているが、配当金が減ってきているし、特別配当というじょこ資金を食いつぶすものが毎月配当されている。投資信託は色々なもながあるし、よほど研究していないと損をだすものである。銀行なり証券会社が勧めるからといって、安易にその話に乗らないほうがいいのであろう。なお投資信託は資金に余裕があるものでなくてはならないのだあろう。生活に必要な資金を投入することではない。毎月の配当をきたいしてなり、ある程度の増資を期待してなどな場合はそれなりにあるだろうが。

現在の経済情勢からすると、先進国を対象したものはあまり配当が期待できないが、振興国を対象としたものはかなりの配当がきたいできるのだろう。しかし世界経済が悪くなると、振興国の経済も悪くなるというのであまりその点では勧められないのであろう。投資信託をおこなう際は世界経済なり国際情勢なり、政治情勢に関心をもたなければならないのであろう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ