金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

安全な資産運用法はどれ?

"老後のために資産を増やしておきたい人は多く、株やFXに関心を持つ人が増えてきています。昔と違いインターネットですぐに売買が可能なので、専業トレーダーの話も聞いたことがあるかもしれません。ですが株やFXはハイリスク・ハイリターンで、せっかくためてきた財産を失ってしまう可能性が少なくありません。 それでは堅実な投資の仕方とはどういったものがあるのでしょうか。

投資信託(ファンド)なら、一万円前後の少額投資からスタートできます。急に手元に現金が必要になった時や、災害やテロなどで為替の値動きが心配になった場合などに、すぐに引き戻すことができるのも魅力です。 ファンドの種類には大きな分け方をすると2つあります。一般のものと、上場投資信託と呼ばれる日経や東証の株価指数に連動する、投資信託と株式の2つの特性を持つ金融商品です。上場投資信託は「Exchange Traded Funds」略してETFと呼ばれます。 一般の投資信託は積立がしやすく始めることができます。一方ETFは市場で取引されるので、証券取引所が開いている時間帯は価格が上下します。頻繁にチェックできるならETFの方が向いているでしょう。

もっとも身近な資産運用と言うと国債があります。他の金融商品と決定的に違うのは原価割れしないということです。 個人向け国債は一年が経てば途中で解約し、手元に戻すことができます。ですが違約金を取られてしまうので、国債を買う時は満期まで置いておくつもりで買いましょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ