金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

JPX日経インデックス400による株式市場活性化

「日経平均株価」は、株式市場全体の動きを見るための株価指数であり、東証一部上場会社から選出した225社の株価を単純平均した価額を元に算定しています。 株式市場全体が、好調か不調かという把握のための参考になります。 TOPIX(東証株価指数)は、東証一部に上場する内国普通株式全銘柄の時価総額合計を基準時点の時価総額で割ることによって算出しています。

その他にも指数はありますが、上記2つの指数が日本を代表するものであり、両方とも同じような動きをしています。 ところが今年1月、新しい株価指数が創設されました。 ㈱日本取引所グループ、㈱東京証券取引所、日本経済新聞社が共同で算出する、「JPX日経インデックス400」です。 資本を効率的に活用しておりROE指数が高い、などの経営観点からの投資基準を満たすことにより、グローバルな投資家を意識したものです。

対象となる400社の選定基準は、過去3期いずれかの期で債務超過であったり、全ての期で営業赤字であったなどの場合は選定銘柄の対象とならないなど、厳しい適格基準となっています。 ROE(株主資本利益率)を重視する外国人投資家は、JPX日経400に投資することが考えられますが、ROEは上がり下がりが激しいこともありますので、慎重に企業を選別する必要があります。

このJPX日経400の創設により、東証一部上場会社のうち400社に選ばれなかった銘柄が下がる可能性があります。 また、JPX日経400に選ばれるために、ROEを上げる努力をする企業が増えると考えられ、日本企業の経営方針も方向性が異なってくる可能性があります。 そして外国人投資家に評価されることにより、株式市場が活性化するであろうと思われます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ