金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

移動平均線を利用しよう

株取引をするのにはいくつかポイントがあります。 一つはファンダと呼ばれるいわゆる買い材料や売り材料となるものです。 これらは短期的には相場を大きく上下に動かす要因となります。 また、他にチャートと呼ばれるものがあります。 これはテクニカル的なものなので少し勉強しないとわかりませんが、 だいたいどんな株にも独自のチャートの動きがあって、その動きを読むために必要なのが 移動平均線となるわけです。

たとえば5日線、25日線、75日線などがありますが、 長期的にみるのであれば13週線や26週線といった指標も参考にしたいですね。 あまりにも信用取引で買われすぎているものに関しては25日線との乖離率が数日間一定の基準を 超えたときに発生します。 これが相場を冷やしたり、逆に過熱させたりするわけです。 下降気味のチャートの場合にもこの移動平均線が一応の基準となっていて、その線にタッチすると ひとまず反転しようと反発買いが入る可能性が高くなります。

それ以上安く売っても誰も得をしないので、倒産しない限りは一応下げ止まる基準となるわけですね。 逆にこの線にきても買い戻しが入らないようであればそこから大きく下放れする可能性もあります。 ですが長期的にみるとやはりその移動平均線でしっかりとチャートを作っていることがわかりますので、 これはあくまで中長期的に資産を運用したい人や、 上昇トレンドに乗っていた銘柄の短期的なリバウンドでキャピタルゲインを出したい人向けの指標になります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ