金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションの取引を始めてみました

ここ何年も、銀行預金に雀の涙ほどの利息しかつかない状態が続いているので、何かもっと効率よくお金を増やす方法はないものかと考えるようになりました。でも、私はその昔公社債投信で大損をした経験を持っているので、証券会社にはアレルギーがありました。もうかなり古い話なのですが、NTT株が上場されるようになった頃、若かった私は証券会社と取引をしていました。

当時は、株取引が大流行りしていたのですが、そこまでの度胸がなかった私は、証券会社の営業マンに勧められるままに、安全性が高いという公社債投信に投資していました。最初のうちは面白いように儲かったので、余裕資金ができるたびにドンドン買い足していき、最終的には1200万円位投資していました。でも、ある日突然私の担当だった営業マンが退職してしまいました。私の元に退職の挨拶をしに来た営業マンになぜ辞めてしまうのかと尋ねてみたところ、そろそろ状況が怪しくなってきたので退職することにしたと言っていました。

私にも、なるべく早く解約した方がいいと言っていたのですが、解約するのが面倒でしたし、何しろかなり良い調子で儲かっていたので、真剣に耳を傾けてみようとは考えませんでした。しかし、その後に起こったのがバブルの崩壊です。私が持っていた公社債投信の商品はあっと言う間に値下がりし、慌てて解約した時には、600万円弱になっていました。半分以上のお金が消えてなくなってしまいましたので、本当に落ち込みました。それと同時に、もう2度と証券会社とは取引をしないと固く決心しました。

そんな事情があったので、いくら株価が値上がりしていると聞かされても、株取引を始めてみる気にはなれませんでした。そこで、FX取引を考えてみるようになりました。でも、FX取引のことをいろいろと調べているうちに、私には無理なのではないかという気持ちが強くなってきました。そんな時たまたま目についたのがバイナリーオプションです。バイナリーオプションは、単純に言うと、トランプのハイ&ローゲームのような仕組みなのですが、私にもできそうな気がしました。最近になって、取引を始めてみたのですが、現在のところは損を出さずに順調に利益をあげています。これからも、無理のない範囲でバイナリーオプションを続けていきたいと考えています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ