金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションで資金の大半を失った

今より円安だった時のこと。当時は一方的な円安で、スワップポイントも今より格段に高かったため、円を売って外貨を買っていてば何もしなくても利益が上がる状況でした。最初は余裕資金で、レバレッジも低めで取引していました。スワップのみの引き出しが可能な会社だったので、スワップがある程度たまるとそれを引き出して満足していました。

しかし、そうするうちに感覚がマヒしていったのでしょう。スワップポイントも証拠金として使用するようになり、証拠金の額もどんどん増やしていきました。取引通貨も、最初は無難にドル/円だったのですが、よりスワップが大きいポンド/円やポンド/スイスなどのポジションを増やすようになりました。 しかしある日突然破たんが訪れました。正確には突然ではないのですが。そのちょっと前から円高方向に進むようになってきました。

当然マイナスのポジションも増えてきたのですが、その時はいずれまた円安に戻ると何の根拠もなく盲信していました。周りの雰囲気も、経済学者の意見もいずれ円安に戻るというものばかりでした。 そして破たんの日。朝起きたらバイナリーオプション業者から大量のメールが届いていました。証拠金不足のアラート通知でした。その時チャートを見て初めて急激な円高に進んでいることを知りました。しかしその時にはもはや何の手も打てず、現実逃避することしかできませんでした。そしてロスカット。一日で資金の大半を失いました。それからしばらくは呆然と暮らしていたことを覚えています。 それからはバイナリーオプションをやっていません。高い勉強代でしたが、周りを盲信せず自分の頭で判断することが大切だということを学びました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ