金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

副業とまでは言えないけれどバイナリーオプションで趣味の旅行代が賄えてます

わたしが愛用しているのは、海外のバイナリーオプションです。 もともと海外に行く機会が多く、為替レートを気にしながら旅行や出張に出かけていたせいか、軽い気持ちで始めました。 1分とか5分で判定時間を設定してもいいし、長めに設定して途中で利益を確定したところで取引を終わらせてもいいので気が楽です。 バイナリーオプションは株式投資やFXの取引と変わらない金融商品ですから勉強する事で理解を深めて自分なりの理論を駆使して質の高い取引も出来ます。

例えば。相場知識が全くない人であっても、勝率は50%なので、軽めのギャンブルといった感じで始められます。FXや株式投資の経験があったり、相場の知識があれば勝率も高くなります。 株式では大きな失敗した事がないのですが、意外な理由で倒産した企業の株を購入してた事もあるので、投資を通してですが、せっかく応援してたのに残念な結果になってから積極的な取引は行わなくなりました。

FX取引や先物取引はリスクが高そうなので知り合いに進められましたが、証拠金とか少し怖い部分もあるので本格的に取引する気になれず、勧誘されて断るのが面倒で申し込みだけして、それで終わってしまいました。 但し、少額で取引ができるせいか金融商品の中では小遣い程度しか稼げてないのが残念です。 勿論、世界中に億単位で稼いでいる人も複数いるようですが、職場で受付業務をしていた頃、一時期夢中になりすぎてたのか、エレベーターのランプがお世話になっている海外バイナリーオプションの矢印マークに見えてしまい、独りで苦笑いしてました。

ある程度、資金が貯まると口座からお金を引き出し、旅行代金に充ててしまうので、残高も200と300の間を行ったり来たりしています。 海外のバイナリーオプションと言っても、海外の旅行先では接続できなかったので、残念な気持ちでいっぱいでした。 人前で「趣味は為替」とは言えないので、代わりに旅行が趣味だと吹聴しています。実際は、毎日、新聞やネット、テレビで関連ニュースばかり見ていて、気になったらバイナリーオプションを再開しています。 現在は受付業務は行ってませんが、お昼休みは同僚と過ごすより、スマホで短期取引をしながら1人で食事している方が気分転換になります。 たまに行く海鮮レストランで隣席のサラリーマンも取引しているので、わたしと同じように、こよなくバイナリーランチを楽しみたいのだなとこっそり「いいね」と共感しています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ