金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションを始めるなら知っておくべき詐欺の実態

バイナリーオプションは、今では多くの人が手を出すようになり、コツや攻略法なども、ネットで調べれば様々な情報が単純に手に入ります。 しかし、かといって安心してはいけません。 なぜなら、そういった安堵感利用し、資本を盗ろうとする詐欺師がわんさかいるのも事実です。

では、詐欺に引っかからない方法をお教えします。 そもそも、詐欺会社は、はじめの内は、普通に出金ができたり、社員(詐欺師)が親切であったり、丁寧に説明してくれたりします。 なぜなら、手を出し始めた初心者は、それなりに警戒しているからです。 「徒然草」にこんな話がありますね。 高名な木登りの名人が、植木職人に指図して高い木に登らせ、枝を切らせていました。

とても危ないように見える木の上では何も言いませんでしたが、職人 が作業を終えて木から降りる時に、家の屋根ばかりの高さになると、『過って落ちるなよ、注意して降りよ』と言葉を掛けました。 雇い主は、『それく らいの高さなら、飛び降りてでも降りられるのに、どうしてそのような事を言うのか』と聞きました。 木登りの名人は、『その事でございますか。目がまわる程に高い危ない枝の上では、自分で落ちるのを恐れますから注意しなくても良いのです。

過って落ちるのは、いつも安心できる高さになってからなのです』と答えました。 詐欺師はこれを上手く使い、ある程度警戒心を失わせて、多額の出資をさせて、姿をくらますのです。 詐欺会社の見分け方をお教えします。 詐欺会社のホームページやウェブサイトに、会社の住所などが記載されておらず、電話番号とメールアドレスしか記載されてない場合、用心した方がよいです。

また、外国の企業とことわっているのに、ウェブサイトが日本語版しかない場合や電話番号が日本の市外局番である場合、注意が必要です。 これらは、有名なまとめサイトや質問サイトにも広告や自作自演がされており、どこそこのサイトの紹介だから大丈夫とか、安心とか、そんな考え方ではいけません。 バイナリーオプションを利用するなら、万全を喫し、ちゃんと自分で確認する、自衛をする。 これは、金融の世界でも、身を守るために重要なことです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ