金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

誰にできる投資方法、バイナリーオプション

元々、私は、経済や会計について、何も専門知識を持っていませんでした。バイナリーオプションと聞いて、新しいダイエット方法か何かかと思ったくらいです。 バイナリーオプションとは、もちろんダイエット方法ではなく、外国通貨取引の1種です。単純に言えば、ハイ&ローのトランプゲームのようなものです。現在の相場が1万円だとして、1時間後にこの相場が1万よりも高くなっているかを当てる、というものです。

何の事前知識もなく、初めて投資に挑戦した私が夢中になったのは、ビギナーズラックが起きたからです。確かに、バイナリーオプションはギャンブルの1種ではなく、れっきとした投資方法の1つです。しかし、当時の規制では、ギャンブル性が高かったのです。それに、高くなるか、低くなるかを当てるだけですので、50%の確率で当てられるともいえました。少額の資金で、私にとっては大金を手に入れることができたので、私は、バイナリーオプションについて興味を持ちました。それで、詳しく調べるようになったのです。

今思い返せば、時間を惜しまずに、また、運だけに頼ることなく、きちんと事前調査を行ったのが良かったのだと思います。それ以降も何度か行いましたが、最終的に損失を負うことなく、なんとか利益を上げることができました。もっとも、損をすることも多く、私の場合は、これで大儲けできた、ということではありません。 バイナリーオプションは、ルールが単純なので、誰にでもできる投資方法です。

しかし、株やFXのように、損失を負う危険性も持っているものといえます。だから、リスク管理をして、慎重に行うことがとても大切なのです。 なお、ここに書いたことは、少し以前の体験です。今は、規制が異なり、ここに書いた話とは違う点があります。規制が強化されたことにより、国内の業者はあまり取り扱わなくなっているようです。しかし、規制が固まりつつあるので、活発に行われるようになる日も早いはずです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ