金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

小額投資による不動産高優待銘柄について

小額投資の不動産銘柄で高優待会社は、私のスクリーニングでは、日本エスリードとプレサンスコーポレーションを推奨します。日本エスリードは、関西系のマンション会社ですが、先般森トラストのTOBにより、将来的に考えれば、経営は磐石になったのではないでしょうか。この会社は、株主優待として3000円のギフト商品をゲットできますし、配当も年間2500円もらえるはずです。それでいて、株価は10万程度で業績も回復傾向なのでいずれじわじわ上がってくるものと信じています。

3月末株主優待の権利確定ですから、夏場は権利確定の影響があると思いますが下期になるとキャピタルゲインも期待できる銘柄になるのではないでしょうか。次に、プレサンスコーポレーションですが、こちらもファミリー向けマンションが得意な会社ですが、これまて、3年程度ですが注目している限り、高成長を続けており、1株利益も400円台とすごいと思います。株主優待もギフト券5000円のプレゼントであり、金券とともに、配当が5000円になるという見込みがあります。現在、30万を切っているので安定し、リスクの少ない高成長不動産銘柄といえるのではないでしょうか。

比較として300株で3000円の優待ギフトと2000円程度の配当をもらえるヒューリックという株を所有していましたが、現在100株13万に上昇し、今だと約40万で5000円程度のリターンで投資回収率が悪くなったので100株10万の時に300株売却しました。それから考えるとプレサンスコーポレーションはまだ上値余地も十分あると思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ