金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

円安円高バイナリーオプションをスタートさせるときに有利な為替相場

為替レートの適正価格というものはありませんが、よく1ドル100円という例が用いられています。 そう考えると、最近の120円台半ばのレートは円安傾向といえるかもしれません。 そもそも円安、円高といいますがどういう状況のことなのでしょうか。 普段、為替を全然詳しくないという人は、まずそこから始めないといけませんが、そういう私もバイナリーオプションをする前まではこの円高円安がわかりませんでした。

それでは、円高円安とはどういうことなのでしょうか。 まず1ドル100円を適正価格として見た場合、100円以上になると円安で100.円以下になると円高です。 それと、これはすべての通貨に対して円が円安傾向などといっているわげてはなく、ニュースなどでははぶかれることもありますが、アメリカドルたいして多くひょうげんされることがあります。 なので正しくは円安ドル高などと二つの通貨を比較していうものなのでしょう。

また、円安円高によりメリットデメリットはあるのでしょうか。 バイナリーオプションをスタートさせるには、どちらが有利ということはあるのでしょうか。 これは難しいのですが、少しだけ有利ということにするなら円安傾向の方がううかなという程度で、円安円高は実のところあまり関係がないのです。

なぜかというと、買いからも売りからもエントリーできるため為替投資にたいしてそれほど不利な状況にはなりにくいのです。 それで、なぜ円安のほうが少しだけ有利かといえば、スワップ金利が支払う側に転じるケースが少ないからだと感じます。 オーストラリアドルは現在、スワップ金利は受け取る側に円だと設定されていますが、もちろん今後の双方の通貨の状況により一概にはいえません。

なので結論としては、バイナリーオプションを始めるなら円安円高に振り回されないでいつでも大丈夫ということですし、どうせスタートさせるならばオーストラリアドルなど、スワップ金利がある最近の為替レートのほうがお得なのかもしれませんということです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ