金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

株安の連鎖が今日も続いている。日経平均は597円で終了

8月21日。本日の東京時間の日経平均は400円超えの下げから拡大していき、597円のマイナスで大引けを迎えました。前日の米国株安の流れを引き継いだ形になりました。豪ドル円は日経平均が調子が悪い他にも発表された中国指標が良くなかったことで売られました。90.61から89.72まで東京時間だけでこの動きです。

前日は1円近く行っているので、2日間でかなり動きました。そして、18時現在はこれ以上下値が広がることはなく、90.10まで回復しています。このまま日経平均や米国株などが立ち直りを見せなければまた下に向かっていくでしょう。すると、ギリシャ問題と中国株の下落でつけた89円前半まで行く可能性があります。

この89円前半では何回も反発しています。接近した場合、売る時は跳ね返ることもありますから注意したほうがいいです。もし89円を割ったなら、何処まで行くのかわかりません。今年初の最安値を豪ドル円は記録することになります。立ち直りを見せている豪ドル円の裏で、米ドル円は東京時間から弱いまま安値圏です。

ユーロ円は東京時間、唯一堅調なたった1つの通貨でしたが、欧州時間に発表されたフランスの8月製造業PMIの結果が優れなかったことで、欧州株が軟化して売られています。欧州株が弱いのは、その他中国のこともあります。ニュースをチェックすると気になるものがありました。

また中国のことで、中国政府が来週に金融緩和を実施するかもしれないというものです。思い出せば、お盆前に3日連続で行われた人民元切り下げによって世界市場は不安定な動きをしました。そして、それは今も続いています。中国は発表される指標が良くありません。数年前から良くない状況が続いていて、中国経済の減速が意識されています。

中国政府は何かあると急にいろんなことを実施してきて市場を混乱させるので困ってしまいます。来週の東京時間はどうなるのか?本日のニューヨーク時間は珍しく1個も米国の指標がありません。だけど、米国市場のする動きがバイナリーオプションの取引に影響してくるに違いないです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ