金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションではクロス円ばかり取引

以前、円高が進行していた辺りで大儲けできたことに満足してしばらくバイナリーオプションから離れていたのですが、最近また円安相場が続いていることに気づいて取引を始めています。これまで為替というとドル円しか見ていなかったものの、相場の変化だけでなく取引会社も昔と大きく変わっていたので、それに合わせてクロス円も売買するようになりました。一番の違いはなんといってもスプレッドが劇的に狭くなったことだと思います。

今でも相変わらずドル円が低コストで取引できて有利とは感じますが、そこにボラティリティという要素を足して考えてみるとクロス円をやったほうが断然良いのです。私は特定の時間だけに集中して取引をするようなタイプではなくて、気分が向いたときや時間が空いたときなんかに取引する感じでやっています。だから、欧米時間にはっきりした動きをするドル円よりも、どちらかというとレンジ相場の多いクロス円でスキャルピングをしている方が好きなのです。

クロス円の中では直近の相場だとポンド円が特に動きが読みやすいからこればかりやっていて、今の資産の大部分はこの通貨ペアのおかげで作ることができました。為替に関する知識は、円安相場で再開するまではポンド円は素人が安易に手を出したらいけないという認識のままでした。でも、今こうしてチャートを見ているとチャートパターン的には当時と変わらない一方で、理不尽な動きが減ったような気がするのとスプレッドの低さの相乗効果でとてもスキャルピングしやすいと思っています。

スキャルピングの手法はやったことのある抵抗を背にした逆張りという典型的なものだけれど、こんな安直な手法でも結構勝てていてかなり順調にバイナリーオプションを続けられています。そしてこういう安定した成績で取引しているときほどポジションひとつで大損してしまうのが私の負けるときのクセなので、複利でスキャルピングをせずに一定の枚数から変えずに淡々と取引していくことに決めているのです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ