金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションの利小損大状態はなるべく早く抜け出したい

バイナリーオプションのトータル収支が利小損大で結果が出ない場合、頭を抱えてしまうほど悩みます。利小損大ではいつまでやっても儲けられませんし、自身の資金は少しずつ目減りしていくばかりです。その状態では何をしても裏目になる可能性が高いですからそうなると売買自体を躊躇してしまいますので、とても消極的になります。利小損大はトレーダーのモチベーションを奪うことにつながりますから、それはやはり避けなければならないのです。

利小損大になってしまう原因は、注文のタイミングや売りのタイミングが合っていないことが多いです。利小損大を恐れるあまり思い切った売買ができなくなると、どうしても不安や迷いによって売買のタイミングがずれてしまいます。いくらチャートを分析したとしても、次の瞬間そうなると決まったわけではありません。それが嫌というほどわかっているからこそ思い切りの良い売買ができなくて、結果的にタイミングを外してしまうのです。そして、それが繰り返されると間違いなく負け戦です。

そうして利小損大の収支を止められないと感じたならば、いつもとは違う売買をして柔軟性を持たせるのも悪くない対処方法です。マジメに売買しているだけでは結果を出せないのなら、その軌道から少しズレたことをしてみるのも良いです。それを続けて失敗になってしまったのでは逆効果なのである程度までということにはなりますが、利小損大になっていることをきっかけに違う売買をあえて積極的に試していくのも、考え方によってはプラスになります。

そうして利小損大のスパイラルを抜け出すことができれば、少しずつ売買のタイミングを合わせることができるようになります。その状態までもっていくのにかなり時間はかかってしまうかもしれませんが、利小損大を抜け出せるならそれも必要な手段です。 利小損大状態ではやる気もなくなってつらいかもしれませんが、そこから抜け出すための努力をすることが大事なのです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ