金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプション業者が倒産したら資産どうなる

バイナリーオプションの取引をする場合はどうしても自分がいかに多くの利益を出すという気持ちが強くなるのでトレード以外のことを考えることができません。 しかし取引をするにおいてはそれ以外のことをいろいろ知っておいたほうが知識の幅も広がるのでいいのではないかと思います。

実際に取引をする場合はまず口座を開設する必要があるので、自分が取引をするために利用するバイナリーオプション業者を選択することになります。選択する際にはいろいろな基準で選ぶことになりますが、その中に経営している企業が安定しているかどうかで決めるという人もいます。なぜならもし万が一経営している会社が破綻してしまった場合、その資産をすべて失ってしまうのではないかと考えるからです。

そこでもし自分が取引をするためにお金を預けている業者が倒産してしまった場合、そのお金は無くなってしまうのかどうかということは多くの人が気になるところですが、このようなことが起きても預けた財産はしっかり保護されるので心配する必要はありません。 なぜならお客さんの資産を預かる場合、その業者の財産と区分するために信託銀行に預けて保管することが義務付けられているからです。

このため、仮に倒産してしまい色々な債権者から会社の資産を持っていかれたとしてもお客さんの資産は信託銀行で別に管理されているので、失うことはありません。 そしてこのような場合はどのようにして預けた資産を返還してもらうことができるのかというと信託銀行側の信託管理人が通じて返してもらうことができます。

このようにバイナリーオプション業者が破綻しても自分の財産を失ってしまうということはないので、あまり安定性で業者を選択する必要はありません。もちろん最低限の会社の信用性というのは大事になってくるのですが、それ以上にどのようなサービスを提供しているかということが重要です。なぜなら質の高いサービスを提供している業者を利用すればそれだけ利益を出せる可能性が高くなるからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ