金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションの投資リスクと口座開設の条件

バイナリーオプションは単純なオンラインでの操作で、為替レートを駆使して為替差損を用いた投資方法ですが、この投資に向いている人そうでない人とは、どういうタイプなのでしょうか。 まず、口座を開設できるの有無に限っていうと、ほとんどの会社では二十歳以上が原則となっています。 これは規約やポリシーにあるように、余裕資産を持つ人が対象というため、マネー管理をするのにも二十歳以上という区切りをつけているのだと思われます。

また、余裕資産などと明記されているのは、投資の世界でもリスクが高いとされているからです。 一般的に、そのリスクというのは何を基準にしていうのかで全然変わってきますが、リスクとされているのはおそらくロスカットという仕組みでしょう。 ロスカットは証拠金の率が規定をしたまわったときに発動されて、そのまま放置しておくと強制終了させられてしまうものです。

ロスカットになると、投資していた金額と口座の中にある資金は返ってきません。 ある意味当然ともいえる措置ですが、それを知らずに取引をしていたらということを考えると、リスキーだといえなくもないです。 ロスカットがリスクであるかとうでないさはおいておいて、株などと同じレベルのリスクさがあるということです。 これのリスクを許容できない人は、適さない人ということで口座を開設できない恐れがあります。

また、生活保護受給者にも不可となっています。生活保護受給者のお金は余裕資産とはいえませんし、生活費を稼ぎたいという人はいるでしょうが、バイナリーオプションは投資です。 あくまで先行投資をして、リターンがあるかどうかのものなので、生活が切り詰めている人や公により保護されている人には口座を開設できる保障はありません。 そして、これ以外にも向いていないという人は、あまりに大きな金額を投資しようとしてしまう人です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ