金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

複数口座を開設する前に知りたい国内業者、海外業者の違い

バイナリーオプション口座はいくつ持つのが最も効率がいいのでしょうか。 そもそも口座を一つしか開設していないという人は「たくさん保有するものか」と思うかもしれません。 もちろん口座がひとつでいいと思い満足しているのならそれでいいかもしれませんが、もっと色々な取引をしたいと思っている場合や、この投資で生計を立てている人などは、万が一のトラブルなどで操作できない日があると困るという意味合いでも複数の口座を持っていたいというケースもあります。

それでは、複数のバイナリーオプション口座を持つ上で気にしたいポイントとは何になるのでしょうか。 まずいくつかにカテゴライズしてみたいと思います。 最初に分けるとしたら国内と海外の会社に、分類できるのではないでしょうか。 国内業者、海外業者の違いは何になるのでしょうか。 基本的に大きくルールは変わりませんし、扱っている通貨は国内、海外業者だけでなく国内業者のなかにも色々あるため、通貨の違いはほとんどありません。

ただ、一番異なる点を挙げるとするならば、レバレッジの規制の有無です。 国内業者にはレバレッジの規制があり、海外業者にはレバレッジの規制がありません。 それはなぜかというと、金融庁により国内業者には規制がかかってレバレッジが25倍までと押し下げられました。 それ以前はレバレッジももう少し緩かっさのですが、レバレッジの規制が緩いと大きな賭をして負債をおう人も出てきたために講じられた策でした。

本来、FXなどの投資は自己責任ですが金融庁によりレバレッジの25倍ルールが策定されました。 一方海外業者はというと、金融庁のルールは適用されません。 もちろん海外業者であっても日本国内で商売をしている場合は金融庁に従わないといけませんが、せうでない海外で海外業者が活動しているケースではレバレッジの規制はないのも同然です。 バイナリーオプションを複数の口座を開設するならばまず国内業者、海外業者の違いを知ることが一歩です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ