金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

相場観察をやめてドーナツの美味しい喫茶店で息抜きをしてきた

8月18日。いったん相場観察をやめてお昼から外出してきました。ショッピングモールで和菓子を買った後、別のショッピングモールに移動。今度は店内にある喫茶店でドーナツとコーヒーを味わいました。入った喫茶店はクリスピードーナツ。1937年にアメリカ合衆国でオープンした後、ドーナツブームに乗って日本にもやってきた歴史のあるドーナツ屋さんです。

ここのドーナツとミスドの違いは食べてみれば明らかです。甘さが抑えられているミスドに対し、思いっきり甘いのがクリスピードーナツです。それに値段もクリスピーのほうが高いです。その分、ボリュームがあって1個でも満足出来ます。ドーナツを食べるときのコーヒーもこちらのほうが種類が豊富です。私はアイスコーヒーと抹茶オールドファッションを注文。本を読みながらゆっくりと両方の味を楽しんでいました。

時間を気にしないで味わって、すべて食べ終わったころに時間を確認すると、すでに1時間が経っていました。時間が経つのはやいって思いました。それだけ時間を忘れて息抜きが出来たことでいいことだと受け止めています。バイナリーオプションを初めて初心者の頃は、せっかく喫茶店に入っても常にポジションのことを考えていて時間を意識した状態でした。それを思うと息抜きが上手になったと感じます。

家に帰ってくると欧州時間がすでにオープンしていました。全てのクロス円が前日比マイナスになっていて、欧州株、上海総合指数までもが良くありませんでした。おかげで、円買い優勢になっていました。リスク回避になるのはお盆が開けても変わる気配がありません。

豪ドル円は50PIPS程下げました。リスク回避になると値幅はそれだけになりますが、下げが一時的になるのが問題です。だから安心して売りなんて出来ません。豪ドル円の日足を見ると92円の位置で売りを持てば91円前半に戻っていますから、92円での売りが勝てる確率が高いことが分かります。戻ってこない限り売りはやりません。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ