金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

インフレ時代の資産運用は不動産投資

老後のために預けている銀行預金が、これから目減りしていくことは確実だと思われますが、「それでは何に運用したらよいか」というのが難しい問題です。 将来のインフレと、法人税減税による企業の純資産増加、それにGPIFの株式への運用比率の増加などを考えると、株式投資が有効な手段であることは間違いないと思います。しかし、どこの上場会社を選択したらいいのか、どの株式投資信託を購入したらよいかは、判断がつきません。

しかしインフレの時代が来るのなら、単純に「お金をモノに替える」という発想が生じてきます。 この場合、徐々に消耗して減価するモノではなく、不動産なら、物価上昇に応じてその価値が上昇していくような気がします。 数年前から「USリートが値上がりしつつある」という説明を聞いています。 USリートというのは、米国の上場不動産投資信託(リート)を主要投資対象にしている投資信託です。 アメリカ経済が復興している現状や円安相場を考えると、悪くはないと思うのですが、やはり海外の商品は実感が湧きません。 それなら、日本の不動産を買うというのはどうでしょう。

日本の主要都市の地価は、下落または横ばいの地域が減少しており、反対に、上昇を示す地域が増加しているようです。底入れの兆しが見られます。 東京、大阪、名古屋の三大都市圏の8割近くが、値上がりしているという情報もあります。 また、リニア開通による中京圏の発展も期待されます。 そんな中、Jリートが高値を更新しているようです。 物価上昇から資産を守るという意味でも、日本のリートを応援するという意味でも、Jリートへの関心が高まります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ