金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

日本円は世界不況になると買われやすい通貨という特徴の理由

バイナリーオプションで扱う通貨は会社により異なりますが、一般的にアメリカドル、ユーロは多くの取り扱いがあります。 アメリカドルとユーロを取り扱いがなぜ多いかというと、どちらも世界の人が使用することが格段にある通貨だからです。 特にアメリカドルは世界の基軸通貨とも呼ばれるくらい、認知度や使用率があります。

ユーロは2000年頃からヨーロッパの加盟国を中心に使われ始めましたが、ヨーロッパの広い地域のなかで使われていて、今ではヨーロッパ融合の象徴とも呼べる通貨となりました。 しかし、一部のヨーロッパの国ではユーロを導入せずに、イギリスポンド、スイスフラン、クローネ、クローナなどの独自の通貨を使用することもあり、バイナリーオプションでもそれは同じです。

しかし、アメリカドルやユーロは多くの人が使用しているので、他の通貨とくらべたときに安定的に運用されることがわかりますが、一部の国でしか使われていない通貨は安定した動きがないのでしょうか。 それには、否定的にも肯定的にもとれることができます。 なぜならば、例えばシンガポールドルやイギリスポンドなどは値動きが大きいのは、やはりそれだけ保有している人が少ないことに起因しています。

しかし単一国内で使用されている通貨なら、ある意味円も同じですが、こちらは世界の主要通貨として安定的な値動きが特徴的で、不景気、インフレなどの経済の変化にたいして強うことが知られています。 なぜ円は、安定した値動きができるでしょうか。 というのも日本は世界から見て経済的に安定している信頼がある国だといえることが一つになります。

特に、日本は高度経済成長から不景気までを比較的短期間で経験して、そしてそれは世界的に見て稀有な存在であるのです。 そのため円は良くも悪くも世界不況になると買われやすい通貨という特徴があり、ここ最近円が円安傾向になってきたのも、長く続いた暗いそこのない世界不況からの脱出などが起因しているのではないでしょうか。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ