金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

仕事の合間にバイナリーオプション

バイナリーオプションはやりすぎると逆に減らしてしまうような、気がしてきています。専業トレーダーであるよりも、むしろ、会社員で勤めていて確実に入る所得を持ちながら、仕事の合間にやるというのがよいかなと思います。勤めていると、その合間にまでやる気が起きない場合があるのがわかりますが、職種によっては追加の所得を狙っていくことができそうです。

毎日、12時から18時まで勤務時間帯とすれば、18時からバイナリーオプションというのもありです。その勤務での所得が不足ぎみのときには、どうにかして稼げば補えます。朝から晩まで働いている会社員は、取引してる暇がないと思います。一番長い時間を使って稼いでいる人が参戦できないような状態になっているはずです。

おおよそ脱サラして貯蓄のある人、仕事が無い人、退職した人、学生、主婦、こういった人たちがバイナリーオプションをやっているような気がします。会社員はこういうのを考える時間がないし、他のことに時間を費やすと思います。出勤前に取引をして出勤するということはないでしょう。土曜日に取引できれば土曜が休みの会社員でも参加できますが、土曜が休みだから取引できません。

結局、スキャルピングやデイトレは会社員はほぼ不可能で、長期保有かスイングで適当にやる以外は、取引方法はないはずです。専業トレーダーはいろいろと知識を蓄えて、テクニカル分析してトレードしていくはずですが、会社員は自分の仕事があって手がいっぱいだから、分析までは到底無理です。それで勝てば会社とW所得になりますが、負けることのほうが多いかもしれません。

会社に通勤しているときにスマホでレートを見て、安くなっているから買おうと思って買った、仕事中は忙しくてレートがわからない、勤務が終わって帰りにスマホを見たらロスカットになって預け入れ金額が減っていた、という可能性が高いです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ