金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

エネルギー革命が投資市場に与える影響

初めて私が証券投資をしたのはバブル期でした。何の苦労もなく証券会社から、儲かった金額を電話報告で受けていた時代です。 その後、私の友人から、新興国への投資や、金(ゴールド)の値上がりで儲けた話を聞くことが多くなり、羨ましいと思ったものです。 現在は、「世界経済がゆるやかに回復する」と言われており、投資環境も良くなったと言われています。 一番の理由は、なんと言ってもシェール革命による米国経済の成長です。

S&P500種や日経平均株価の推移を見ると、イラク・ウクライナなどの国際情勢悪化の際にも、VIX指数が上昇していないことから、米国経済への投資家の期待が大きいことが窺われます。これは「有事の円高にならない」という意味でもあり、円安傾向が続くと思われます。

近年円安が続いている大きな理由は、日本の貿易収支が赤字基調だからです。 原発停止により天然ガスを輸入するので、日本の資金が流出します。円を売ってドルを買うので円安になるのです。 近い将来、米国からシェールガスを輸入するそうですから、円安ドル高は続きそうです。 携帯電話の輸入も1兆円を超えており、円安要因になっています。

それから、為替に影響を与えるのは、両国間の金利差です。 通貨は金利が低い方から高い方に流れていきます。 来年早々にも政策金利の引き上げが行われるかとの噂もあり、これも円安ドル高の要因になります。 そして、国民年金保険料の運用資産が、外国資産や日本株への運用比率を高めると期待されているGPIF改革については、 塩崎さんが厚生労働相に就任したことから、株高が期待されます。 このように、経済や株価が好況だと予測される時代は、利子が固定されている債権投資は面白味に欠けるように思います。 たとえば米国エネルギー革命ファンドMLPは、配当成長が期待される商品です。 配当金が増えることにより価格が上がる、という期待を持つこともできます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ