金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

投資期間の長さにより変わるトレード方法のタイプ

バイナリーオプションには様々なトレード方法がありますが、まずトレード期間によって分けることができます。 大きく分けると、長い順に長期トレード、数日間が目安のスイングトレード、一日以内のデイトレード、一日に複数回やるものをスキャルピングなどとわけ呼べることが可能です。 長期トレードは半年程度のものから数年単位などその一度の投資期間は長いのが特徴的です。 投資期間が長い分、円安円高によるロスカットの危険性が高いのが特徴ですが、そのためレバレッジをあまり大きくしないことが求められます。

スイングトレードは数日間以内の投資で、一番ゆったりした取引を実感できるのではないでしょうか。 スイングトレードの場合、長期トレードよりレバレッジのリスクを高めてもさほど問題ないばあいもありますが、数日間以内で数円程度動くこともあります。 デイトレードは毎日コツコツやるのが得意という人に向いているかもしれませんが、デイトレードの場合は投資金額をスイングトレードより大きくして、レバレッジを高めて利益をすくおうとするケースもありえます。 一方その典型的なのがスキャルピングで、スキャルピングは高いレバレッジをもっとも有効に使えるトレード方法ではないでしょうか。

スキャルピングの場合は、レバレッジを高めたいので海外の会社を使うこともあります。 スキャルピングではしかし、スプレッドの幅がけっこう関係してきます。 スプレッドが大きいとあまり利益をすくうことができないからです。 スキャルピングをするならレバレッジを国内バイナリーオプション会社より大きくしてできる海外の会社か、あるいは投資金額を増やすなどしたことを考えるといいかもしれません。

投資金額だけでなく投資期間により、トレード方法は異なってくるでしょう。 しかし、いずれの場合もいえることはしっかりマネーコントロールすることが必須です。 大切なお金をどのくらいの期間を投資するかどうかは自己判断ですし、自分の投資金額などにより左右されることもあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ