金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

日経平均は300円超えの下げ。チャートを見て豪ドル円を売ろうと決意

8月19日。日経平均は午後になると300円の下げ幅を記録しました。朝のスタートは2桁のマイナスで、時間の経過とともに悪化。中国株も軟調です。どんどん下げが広がっていく日経平均を確認して豪ドル円が午前中の91円前半から90.93に下落した午後の動きを考えると、弱い相場なんだなぁと感じます。どんなチャートになっているか豪ドル円で確認すると、日足はレンジで1時間足は下降トレンドになっていました。

8月14日から8月17日まで91.50のサポートを割ることなく推移していましたが、8月18日の午後15時に出現した大陰線によって下へのブレイクが起きています。長時間にわたって続いたレンジを割り込んだ大陰線が印象的。これは売り圧力が強いと感じる。なんとか戻そうと本日の東京時間に挑戦しましたが、失敗して91円割れになりました。この弱い動きを見て売ってもいいんじゃないかと考えました。

東京時間でのトレードはしないつもりだったのに、自信のあるチャートが表れたのでやることに決めました。今は91.25まで来るのを待っているところです。なのに豪ドル円は91.15で来る気配がなし。今日やれるのかなぁ?トレードを真剣に考えたとき、不安が一気に襲ってきました。ポジションを持つと基本的に相場から離れないことをルールにしているので、睡魔が襲ってきてもごまかさないといけません。

つらいけど、相場で勝つためにはそれだけ真剣にならないとね。眠気をごまかす方法として私が取りいれているのがコーヒーや紅茶などのカフェイン類摂取です。最近見たCMで気になるドリンクと出会いました。常盤薬品工業が発売する眠気覚ましがテーマの眠眠打破です。このほかに強強打破や激強打破と全部で3種類あります。ネーミングがナイスですね。その中でも激強打破が一番眠気を吹き飛ばすらしい。そして眠眠打破が一番優しいレベル。これ、試してみたいかも。それぞれ3種類味が違い、眠眠打破はコーヒー味で、カフェインはなんとコーヒー2杯分らしい。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ