金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプションに役立てるニュースは何処で仕入れるのか

8月19日。ニューヨーク時間に動くはずの米ドル円があまり動いていないのでトレードは出来ません。豪ドル円も出来るような雰囲気じゃない。テレビを観ながらチラチラとチェックしていますが、一向に変わる気配がなしです。相場でポジションを持つときに役立てるニュースって皆さんはどこでチェックしていますか?トレードするために開いたバイナリーオプション業者では出来るようになっているので便利です。

別のところではロイターやブルームバーグがあります。いいところは相場状況を越えて世界の経済ニュースも把握できるようになっているところです。規模が大きいので覚えておくと便利です。ロイターはアナリストの目線での記事もあり、勉強になります。ブルームバーグと比べると個人的にはコラムがあるロイターがお気に入りです。どちらも専門的な情報を手に入れるためには劣っていない素晴らしいサイトです。

何も知らなかった初心者の頃はバイナリーオプション業者のみでニュースのチェックをやっていました。見るサイトを広げたことでいろいろ勉強できるようになりました。この2つは押さえておくといいと思います。規模が広いところが24時間取引出来る。今、ロイターで、数日前に切り下げられた人民元切り下げのコラムに目を通しています。書いてある内容が専門的すぎて、初めて読んだだけでは理解できない。難しいことが書いてある。

他のもので何かいいものはないか探していくと、人民元が安くなると上がる通貨と下がる通貨を教えてくれているものがありました。高金利新興国通貨が悪影響を受けると書いてありました。そういえば今日、相場でニュースチェックを行っていたとき、ベトナムが通貨切り下げを行ったことで新興国の景気先行きが懸念されていると書かれているものを見たよ。

ベトナムと中国ってどんな関係なのかを調べると、ベトナムと中国は戦争をしていました。そして、中国に勝っています。歴史的に仲が悪い国だということがわかりました。こうやっていろいろ疑問を持つと知識が広がるからいいね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ