金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

大損をいかに回避できるかがバイナリーオプションではとても重要

どんな投資にも通ずることですが、大損だけはしないように心がけることが大事です。大損の何が悪いのかというと、取り返しがつかないという点です。取り返しがつかないとただ単にマイナスを背負うことになってしまいますので、そんな大損だけは回避できるようにしなければならないのです。そして、それはバイナリーオプションでトレードをするときもまったく同じです。

大損をしなければ、たとえ損切り貧乏になってしまったとしても、まだそこから逆転できるかもしれないです。また、損切り貧乏になって足りなくなった資金を、他の収入から投入するということもできます。しかし、大損をしてしまうとそういうわけにはいきません。大損をしてしまったら即座に相場から退場させられ、復活するのには時間がかかってしまいます。

もしかしたら、復活できない可能性すらあります。証拠金をたくさん用意してレバレッジを限界まで上げて勝負すれば、勝ったときはかなりの報酬になるのかもしれません。しかし、その裏に大損のリスクを抱えているならば、それはしないほうが良いのです。たとえ結果オーライの側面があったとしても、大損するリスクを抱えているならそれは回避していかなければならないのです。

大損するリスクをしっかりと回避することができれば、次に対しての希望を持つことができます。まだ大損していないからいずれ良い結果になるかもしれないと、バイナリーオプションに対して意欲的になれます。しかし、大損をしてしまうとそんな前向きなことは言えなくなってしまいます。実際に大損をすればお金があっという間になくなるわけですから、その喪失感は単純に表現できないほどです。

大損しないためには早めの損切りがモノを言いますので、それを「わかっていてもできない」という状態にしないことが大事です。大損さえしなければ必ずチャンスはめぐってきますし、大損を避けることはトレーダーとしての基本的な心構えなのだと理解しておくべきです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ