金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

好みの通貨にその人の性格があらわれていると感じる

8月18日。どんなものを好んで取引するかでその人の性格があらわれていると感じます。ユーロ円やポンド円は値動きが大きいために値幅をたくさん取ることが可能です。豪ドル円やニュージーランドドル円と比べるとレートが高い分、たくさんの証拠金が必要です。動き出すと10PIPSの値幅が単純に取れるけど、エントリー箇所が悪いとすぐに損切りです。他の通貨に比べて押し目が深いためにすぐにやられてしまいます。

この通貨を好む人は熟練者のイメージがあります。危険だけど上手く行けば利益をたくさんもらえるためにリスクを好む人は積極的に選ぶ傾向があります。臆病な人や慎重な人は絶対選ばない通貨だと思います。ユーロドルやポンドドルなども同じ部類に入ります。このような値幅がある通貨を好むタイプは明るく陽気な人をイメージします。女性の場合、パッとした服装をしておしゃべり好きな人が思い浮かびます。

私の勝手なイメージですが、米ドル円を選ぶ人は堅実な人や安定したことが好きな人が多い様に思います。値動きが大人しく値幅が少ない米ドル円は、派手に動くユーロ円やポンド円とは違い安心感を与えてくれます。オセアニア通貨と比較すると流動性が高く、多くの人に支持されています。テレビで為替状況を使える時に必ず登場する定番です。聞きなれている通貨のために安全志向の人には嬉しいでしょう。

スプレッドで比較しても、米ドル円が有利なように出来ています。きっと人気があるために狭いスプレッドを提供できるのでしょう。私にとって米ドル円を花火で例えるとホッと出来る線香花火です。派手さはないけど、その分安心させてくれます。安心感ではズバ抜けた通貨です。きっと米ドル円を好む人は穏やかで優しい人が多いんだろうなぁ。

豪ドル円やニュージーランドドル円は、ユーロ円やポンド円に次ぐ値動きの大きい通貨です。オセアニア通貨と呼ばれているこの2つは強くなったり弱くなったりが極端です。だからヒヤヒヤします。だけどユーロ円やポンド円と比べるとスワップが貰えるし、証拠金が安く済みます。これを好む人はお得という言葉に弱い傾向があると思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ