金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

儲けたい額から逆算して投資金額を決定するのもいいかもしれない

バイナリーオプションと外貨預金の決定的違いはスプレッドとロスカットという仕組みです。 スプレッドは外貨預金でいうところの手数料にあたります。 一般的に、外貨預金よりバイナリーオプションの方がスプレッドが往復で少ないことが多く、手数料の安さではバイナリーオプションに軍配があがります。

しかし、ロスカットという証拠金が100を切ったあとに発生するルールでは、外貨預金ではそれに値するルールがなく、ただ資金が目減りするだけなので、資金の安定性は外貨預金が上回っています。 それでは、この二つを使い分けることはできるのでしょうか。 使い分けるとしたならば、手数料が安いので、為替相場の動きが停滞していて、外貨預金では手数料にとられて利益が出ないというときにいいでしょう。

また、外貨預金のほうが向いている為替相場は、大きなトレンドが発生しやすいときに限り、しかも買いのときに為替手数料を引いても儲かるときに向いています。 バイナリーオプションと外貨預金それぞれのメリットデメリットが分かったところで、どのくらいの資金から始めてみればいいのでしょうか。

まず、会社により最低取り扱い単位が変わっています。 なので、例えば10000単位のところでは、レバレッジをきかせても数万円からですし、ある程度の投資という感覚を味わいたいのなら、十万円近くからスタートさせてもいいかもしれません。 外貨預金は基本的に数百円からスタートできるところもあります。 もちろん最近では1000円程度で出来るところもあります。

ただ、少ない通貨だとおのずと利益も小さいので、どのくらい儲けたいかから逆算して投資してみる金額を決定するのもいいかもしれません。 ただ、レバレッジを大きくするとリスクも高いので、大きな金額を投資する場合、レバレッジは反比例して小さく押さえた方が健全性があります。 バイナリーオプションと外貨預金の違いをよく知り使い分けることで、両者が引き立ちますし設けられる利益が上がるかもしれません。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ