金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

本を読み込んで、トレードしてみたが、利益がふっとんだ

本を購入して読み込み、2日間、慎重にトレードしていると、すんなりと何万円か利益が出ていました。これはかんたん、バイトの代わりになる、と思っていました。でも、ちょっとの出来心で、思い切りの良さで売買すると、わずか10分程度でその半分がふっとび、スランプ突入へ。

わずか2時間もすれば、8~9割の利益がふっとび、もうほとんど利益なしの状態です。もちろん、ショックを受けます。ここで苛立つとまたしくじりの連続が始まってくることになるから、再度、本を読み込み、意識を変えることにしています。

バイナリーオプションは楽しいと思うときもあるけれど、ちょっとでも失敗すると、スランプに入ってしまうという怖いハマリがあるような気がしています。なかなか制御できないし、普通なら大負けするだけです。

いくらやっても飽きない売買で、いったん出金してもまた入金してふたたび開始することになるでしょう。稼げるときは稼げてしまいます。負けるときにも、同じようにかんたんにお金を捨ててしまえるというのがデメリットとしてあるけれども、負けなくなってくればよいだけの話です。

今後はトレーダーがどんどん増えていくでしょう。その中でずっと負けている人がいたら、けっこう悲惨な目に遭っていると思います。わりと残酷なトレードでもあります。稼ぐつもりでやったのに、これまでリアルに稼いできたお金がふっとんだ、1000万円が50万円になってしまった、そういうのを書いているのがあります。これほど怖いものはない、といえそうです。

仮に逆のトレードをしていたら、50万円が1000万円になることもあるというわけで、一攫千金がありえます。50万円が1000万円になるなら皆がやるでしょう。それも、パソコンやスマホで買いか売りのボタンを押すだけの作業で終わるし、こんなにかんたんなやり方はほかにないでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ