金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

頭痛薬でスッキリ。トレード前、突然嫌なニュースを見てしまう

8月21日。不規則な時間に寝たり起きたりを繰り返したきのう、急な生活リズムの乱れに体が付いていけなくなったみたいで、拒否反応らしきものが起こりました。体に熱がこもって、目が熱い。相場を見なきゃと無理やり布団から体を起こすと、締め付けられるような頭痛。思い出せば冷房の効いた車内から外の暑い空間に出たり入ったりを繰り返していました。

多分、これは自律神経の乱れから来ているものなのかな?そう思った。痛みを感じたらひどくなる前にケアしなきゃと思い、頭痛薬を飲みました。ケロリン錠Sをお水で飲んであとは痛みがおさまるのを待つだけ。このケロリン錠Sには毎回お世話になっています。ひどい頭痛の人には効果がないみたいだけど、大抵の場合は効くよ。私の場合、一回も効かなかったことがありません。だいたい1時間後には厄介な頭痛とさよならできます。

今回も効いてくれて頭が軽くなりました。違和感のあった目もスッキリ。血管を拡張するカフェインを大量に含んだ薬のおかげで、血流が良くなり、目が圧迫されなくなりました。体が疲れて血行が悪くなるところから頭痛って始まるんだ。日頃から体の血流を良くする運動を取り入れて、規則正しい生活を送っていたら頻繁な頭痛は防げる。そう思った。

そして本日、体調はいい感じ。これからバイナリーオプションを頑張ろうとインターネットを立ち上げると、業者画面にログインする前に相場の状態を把握してしまう嫌なニュースを見てしまった。日経平均が2万円割れで始まったこと、ギリシャの首相が突然辞任したこと。これらを見たことで、本日の東京時間に希望が持てなくなりました。

長くの間2万円台を保っていた日経平均が割れるということは大変なこと。そして、ここに来てまたギリシャが登場している。チプラス首相、辞めてしまうんだ。ショック。それで近いうちに総選挙が行われるそうです。アメリカのときも、日本のときも、イタリアのときも選挙の時は相場が荒れたということは、今回も荒れるということ。これは、大変な相場がやってくることを覚悟しなければいけない。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ