金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

スワップ金利が欲しくて豪ドル円でFX取引をしています

今までは普通に毎日デイトレでひとつのポジションを最大でも数時間以内に決済していました。ですが、何気なく呼んだ金融系雑誌に触発されてポジションを寝かせながら金利を得るトレードにも興味を持ったため、これからはスイングトレードもやってみたいと思っています。FXで取引していた通貨ペアがほぼドル円オンリーだったのと、長期で攻める方法をよく知らないこともあっていきなりランドに挑戦するのは避けたほうがいいと感じたので、間を取って最近は豪ドル円でなるべく保有時間を長くしようとしています。

なぜこの通貨ペアを選んだかといえば、ドル円と似たようなチャートに見えるのに金利はかなり高く、エントリーしたあとでも状況次第で短期と長期のどちらのスタイルにも対応できそうだと感じたからです。オセアニア通貨で代表的なものは隣国のニュージーランドもあるものの、こちらは一日の値幅がやや狭い上に若干スプレッドが広いというのがネックで、正直かなりの上級者向けの通貨ペアだと思ったからもっと取引の腕前を磨いてからにしてみます。 それで、信頼できるデータが得られるくらいの期間実際に取引をしてみましたが、この方法はデイトレに慣れていた人が徐々にスイングトレードを勉強するのにとても良いといえます。

金利が高いわりによく動いてデイトレができるのはもちろん、下が固くて買いから入りやすいのでピラミッディングをしていけばスワップも多くなるのです。早く決済することが地道に利益を積み重ねることだというのがFXをするときのセオリーだと思っていた私にとって、これは新しい世界を見た気がしました。

そして意外と取引の手法はスイングトレード用にインジケーターを用意したり一から作り直したりしなくても、基本はデイトレとやることは変わらないなと感じたことが大きな収穫だったのです。長期的に保有するときもやはり損切りはできるだけ建値から狭い幅にセットしておいたほうがいいのは当然ですし、利益確定をチャートのピークで行わなくても構わないということ以外デイトレを少しいじった手法で通じました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ