金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

金融会社に対して提出する身元証明書とその注意点

金融関連の会社で何らかの商品を利用する場合は、たいていは身元を確認する為の書面が必要になります。いわゆる身分証明書が求められる訳ですが、例えばそれは口座を作る時です。 私たちの多くは銀行の普通預金の口座を保有していますが、あれはたいてい身分証明書が必要になります。銀行の窓口に足を運び、行為の方々に身分証明書を提示する事で口座を作れるわけです。

まず例外はありません。 そしてFXという金融商品でも、やはり一番最初の段階では口座を作る事になります。そして上記のような状況なので、身分証明書の提出も必要です。 では具体的にはどのような書面ならば有効かというと、一番無難なのは顔写真が付いている証明書です。例えば免許証には明らかに顔写真が付いていますが、それはほぼ全ての金融会社で有効と見なされます。

また免許証も、ほぼ全ての金融会社にて有効です。 保険証もほとんどの会社で有効ですし、住民票なども有効と見なされます。ですので大抵の証明書は有効と見なされる訳ですが、中には例外の書面もあるので注意が必要です。 例えば年金手帳などは、明らかに自分の社会福祉に関わる身分証明書でしょう。ですのでそれを金融会社に提出すれば、本人確認ができると思われるかもしれません。

しかし実は、それが難しい会社も中には見られるのです。前述のような顔写真付の証明書は問題無くても、年金手帳には顔写真などはありません。またそもそも公的機関で発行されている書面でもないので、中にはそれは本人確認書類としては無効と見なす金融会社もあります。 それと学生証なども同様です。

それは確かに身元を証明できる訳ですが、残念ながらFXの会社に対する証明書となると、むしろ無効と見なされる事が多いです。 このように自分の身元を証明する書面の中には、金融会社によってはお断りになる場合があります。ですので自分が提出しようと考えている書面は本当に有効かどうかは、金融会社に確認する方が無難でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ