金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

誰でも扱うシンプルなテクニカル分析だけでFXをする

FXが好きというよりもテクニカル分析が好きな私は、MT4に有名どころからマイナーなものまでネット上で見つけたインジケーターは大体ダウンロードして試すくらいハマっていました。そんなテクニカルマニアの私があるときふと原点に帰ってみようと思って移動平均線だけでストラテジーテスターを実行してみたら、これが思いのほか好成績を示したこともありたくさんのインジケーターを入れるスタイルから移動平均線をとことん極めるスタイルに変わったのです。

この単純な線が昔から信用されているのは、きっと投資の世界でどんな新しいやり方が登場しても移動平均線で好成績をマークする人が常にいたからなのでしょう。 それを応用した複雑に絡み合う線のほうこそ相場を見るのに適していると思い込んでいた私には軽くショックで、基本中の基本とも言われるグランビルが提唱した移動平均線の使い方から勉強しなおしました。

200日という長い期間と線上で起こるレートの動きから読み取ってポジションを持つやり方は今の秒単位で動く市場に不向きと思っていたけれど、考え方自体は理にかなっていて今でも期間さえFX向けのものを見つければ十分戦えそうです。 株より緩やかな動きに加えて平日は常に為替の値動きが変動しているから窓がない分論理的な戦略を見つけやすく、移動平均線は為替にこそぴったりなテクニカル分析ツールだと気づきました。

金融系ニュースで紹介されている一日の為替の分析でも線上ちょうどで反発しているチャートが出てきますし、そのことから多くの人が見ている期間の値こそが勝利への道なのだと考えたのです。 その値とは期間20の計算方法は指数平滑移動平均で、表示させるのは一本だけでクロスは見ません。グランビルと同じように線とレートの位置関係のパターンだけを見てポジションを持ち、オーバーシュートのような動きがあったときか線とレートの距離が近くなってきたら利確しています。トレンドの初期にエントリーできて移動平均線の上で推移していれば基本何もすることがないのでFXをするのが楽になりました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ