金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

バイナリーオプション投資の体験から考える難易度

私は投資に関してはまったくの無知でしたが、アベノミクスに乗じて投資をはじめてみました。 株式投資、FX(外国為替証拠金取引)、バイナリ―オプションのそれぞれの難易度を考えてみます。 まず、株式投資。1日に値幅に制限があり、S安、S高になってしまうとそれ以上は値段が変わらず、投資の中では一番はじめやすいのではないかと思います。ただ、数えきれないくらいある銘柄から上がりそうなものを探すにはある程度勉強しないといけないですね。 株には「配当」や「優待」がついている物もあり、それを目的で投資するのもいいかもしれません。

次にFXですが、証券会社によっては10分の1の額から始められるところもあるのでそんなに怖がらなくてもいい取引ですね。 株と同じで、レートを予測しその差益を儲けにするのですが、為替は要人発言や経済指標などで大きく動くことがあるので注意が必要ですね。 株と違って銘柄を選ぶ手間はなく、通貨の種類も多くないので1つの通貨を研究するのもおもしろいです。

あとは最近流行りのバイナリ―オプション。これも為替の動きを予測するのですが、この時間にこのラインを上か下か、というタイプの取引です。 例えば1000円で買いで入って、当たれば2倍の2000円になるという魅力的なもの。 しかし、外れれば投資した1000円は0になってしまいます。 取引も単純ではじめやすいですが、大金持ちになるチャンスもある反面、残高が0になる怖さもあります。

私の中では、株式投資が一番難易度的には優しいと思います。 次にFXですかね、損切のラインを決めておいてあらかじめ注文を入れておけばこわくありません。 一番単純だけど難しいのがバイナリ―オプションですね。相場の動きに「絶対」はないので0.1銭の動きが資産を動かします。 私自身、バイナリーは始めたばかりなのでもう少し研究してみようと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ