金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

果たして木曜日などに3日分のスワップを狙うのは良い方法か

FXでは、ロールオーバーのタイミングにて利息が生じます。とりわけで高金利外貨などは、それはとても高いです。ですのでその高さに興味を覚えている方々も、非常に多く見られます。いわゆるスワップポイントと表現されます。 ところでFXには、休業日があります。土曜日や日曜日などは金融会社がクローズされていますので、外貨のレートも点滅しなくなる訳です。 このため休業日は、ロールオーバー自体を発生しません。どちらもクローズされているからです。

そのような状況になりますと、上記のようなFXのスワップポイントが気になるかもしれません。実質的には2日分のスワップポイントが保留になるので、それをいつ受け取れるのかという問題が浮上する場合があります。 というのもFXのスワップポイントは、月曜日に受け取れる訳ではありません。実際私が口座を持っている金融会社の場合は、月曜日に受け取る事はできるポイントは、あくまでも1日分になるのです。3日分ではありません。 ではいつ頃に受け取る事ができるかというと、基本的には木曜日になります。

実際私が口座を保有している金融会社では、毎週その日に3日分のポイントを受け取れます。 このため木曜日に、あえて買い玉を保有するという選択肢が浮上する訳です。3日分のポイントが発生するならば、その日に大きな利益が生じるのではないかとの考えも浮上するからです。 ですが私は、それは余り現実的ではないと考えます。確かに3日分のポイントは発生する事になりますが、正直考えているほど大きな金額ではありません。

かなり高金利な外貨でも、それほど大きなポイントが生じていない傾向があります。 ですのでロールオーバーの直前に合わせて買い玉を保有するのは、やめておいた方が良いでしょう。それよりも普段の外貨の変動に着目をして、それに合わせた売買をするのが望ましいと考えます。為替損益での利益を狙う方が、この金融商品では大きく稼げる事が多いからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ