金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

他の投資商品に比べると売買時の手数料が低め

金融商品で何らかの取引などをするとなると、しばしば手数料がクローズアップされます。そして人によっては、そのコストで商品を選んでいる事もあるのです。 当然ですが金融商品のコストは、できるだけ少ないに越した事はありません。コストが少なければ、それだけ格安に売買をする事ができるからです。 ところでFXという商品には、そのコストに関するメリットがあるのです。

他の金融商品と比べると、コストが比較的低めになっているのが特徴的です。 例えば取引の際の売買手数料です。他の金融商品の場合、その手数料がかなり高めに設定されている事があります。 例えば先物商品などは、手数料はかなり高めな状況です。特にそれで対面取引などを行った時には、多くの金額が徴収されると考えて良いでしょう。

先物取引でどれ位の手数料になるかは、会社によっても色々と異なりますが、中には2,000円前後の料金徴収が発生する会社も見られます。また電話で売買をした時などでも、1,000円前後の手数料が徴収される事もあるのです。 それは何も先物だけではありません。投資信託なども色々な手数料がありますが、あれもかなり高めになります。ただしそれを金融会社次第ではありますが。

それに対してFXの場合は、手数料は比較的高めになっている訳です。少なくとも前述のような2,000円や1,000円などの金額徴収が発生する事は、まずあり得ません。そこまで高めな手数料ではなく、数百円前後といったところです。ただしそれを売買の枚数に左右されます。少ない枚数で売買をすれば手数料はもっと低くなりますし、枚数が多ければそれも高めになる訳です。

ですのでどれ位の手数料が生じるかは、正直状況次第とも言えます。 なおFXでも、対面取引という方法は一応あります。今なお電話で売買ができるFXの会社も稀に見られますが、そこでは手数料は若干高めです。しかし上記のような2,000円の手数料は、まずあり得ません。比較的格安なのが、この金融商品のメリットの1つです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ