金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

口座を長らく使っていないと料金徴収が発生する事も

金融業界には、休眠口座という用語があります。その名前の通り、眠ってしまっている口座全般です。 そもそも口座を作ったとしても、ずっと使い続けるとは限りません。一旦はお金などを入金したものの、全くと言って良いほど利用頻度が見られない口座もある訳です。その場合は、料金徴収などが発生する事があります。

というのも金融会社としては、そのような休眠口座を保有していてもコストだけがかかってしまいます。口座を維持するにも、色々なお金が生じるものなのです。 このため金融会社によっては、一定以上の利用の実績が見られなかった時には、いわゆる凍結などの措置が生じる事があるのです。

つまりその会社の口座は、しばらくの間は使えなくなります。その凍結によって、たまに驚いてしまっている方も見られます。 ところでFXも、もちろん金融業界の商品の1つになります。それで上記のような状況が生じるかというと、たまにそのようなケースがあるのは事実です。 例えばある外資系の金融会社の場合は、やはり上記のような利用実績に関する確認を行っています。

それで一定以上の実績が見られなかった時には、まず一旦凍結される事になります。 そして注意を要するのが、凍結後の費用です。というのも外資系の会社の場合は、凍結によって料金徴収が発生している事例がかなり多く見られます。どれ位の料金が発生するかは会社によって色々ですが、少なくとも口座保有が有料になってしまう訳です。無料ではありません。 ですので外資系の会社でFXの口座を作った時には、ちょっと凍結に関わるルールなどは確認しておく方が良いでしょう。

不測の料金徴収などが生じてしまいますと、困惑してしまう可能性も高いからです。 ただし日本の会社の場合は、凍結費用などが生じるケースは極めて稀です。基本的には入金さえしておけば、凍結が生じるケースはほとんど無いです。また費用が生じるケースも、まず見られません。ただし中には例外の会社もあるので、やはり確認はしておく方が無難でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ