金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

レンジを抜けた瞬間にポジションを持ってトレンド狙いのFX

FXは動きのない期間を抜けた直後が絶好のエントリーポイントになるので、私はレンジ相場になったら高値と安値に水平線を引いてブレイクアウトの機会をじっと待ち続けています。抜けたと判断するポイントは単純に前の値を更新したときではなく、レンジ相場の範囲が縮まってきてそこから勢いよく放たれたときが私の経験上はベストなタイミングだと思うのです。

チャートのだいたいの動きを追って収縮するローソク足の上下に直線を引くと、いかにも狭まっているように見えてわかりやすいかもしれません。長い時間をかけて保ちあいが続いた後に、レンジの水平線を突き抜けた瞬間その方向へとポジションを持つのが成功率が高いと感じます。FXの入門書にも載っていそうな簡単な手法といえるものの、別に独自の手法を用意しなくても基本に忠実にいけば投資の世界はなんとかなるものなのです。

ここまでは普通にローソク足を見ることを意識した分析方法ですが、さらに取引の成功率を上げるにはオシレーターも同時に見ることが必要になってきます。オシレーターはレンジ相場で細かいスキャルピングを好む人たちに愛用されているため、使用法としては逆張り特化みたいな考えを持つ人は少なくないでしょう。しかし、新たなトレンドを見つけるのにも優れているため、レンジ中はシンクロして上下する線を見つめながらチェックして、ダイバージェンスの発生など今までと違った反応を示したらエントリーのチャンスが近いと考えられます。

ブレイクアウトは突き抜けた瞬間だけでなくこうして予備動作のような動きをオシレーターから読み取りやすいから、そろそろチャートをじっと見つめてエントリーに備えないといけないという心構えを持てることができるのもメリットです。技術は当然としてFXをするときの精神状態も結果に大きく関わってくるので、こうして前もって覚悟ができていると落ち着いて自分が決めたルールに沿って売買する余裕ができ、いつの間にか稼げるトレーダーになれるはずです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ