金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

株式投資とバイナリーオプションの意外な関係

株式は、売りから入るというのは面倒です。 株価が値下がると言う自信がある場合は、信用取引で株を借りて行う方法があります。 その場合には、借り賃や手数料などさまざまな経費が発生してしまいます。 また、FXなどのようにどちらの方向でも同じだけの経費とはなりません。 株式の取引における安全性を確保するためには仕方の無いことです。 株式の性格は、保有して企業の成長を助けることです。 つまり、買うことを前提としているということです。 リスクを負わずに売りを行うにはどうしたらよいでしょう。 一つは、CFD取引などのように指数だけのトレードを行う方法になります。 これは、正式な株式の取引とは違います。 株を使った資産形成ということであれば考慮できます。

FXにおけるバイナリーオプションのような関係を表します。 株価の動きだけに注目すればよいです。 売り買いどちらでも同じ方法で取引することが可能です。 次に、株価が下がると分かっていて、その先を見越して行動する場合です。 長期で株を保有しつつ株の資産価値を求める場合、手持ちの株を一旦売却します。 株価が下がりきったところで、再び買います。 資金は同じでも株数を増やすことが可能になります。 これは、少しずつ時間をかけて手持ちの株数を増やす方法です。 その株を長期で保有したい場合など、この方法がオススメです。 地道で時間のかかる方法ですが、長期に渡り企業の株を保有していくことができます。 資産形成と同時に行えるメリットがあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ